治療介護食品とは!

治療用介護食品日常の食生活の中で栄養を制限されたり、噛むこと飲むことが上手にできない方などの為に作られた食品を取り扱っております。
低タンパク食品・低カロリー食品・低塩食品・トロミ補助剤・カルシウム・強化食品・鉄分強化食品があります。
こんな方に

このような疾患をお持ちの方へ!

糖尿病の方へ!

  1. 過食をせず、偏食をせず、毎日規則正しい食事にしましょう。
  2. 医師、栄養士から指示通りの適正なエネルギー量を摂りましょう。
  3. 栄養のバランスが良い食事をしましょう。
  4. 高血圧などの合併症の予防のため塩分を控え目にしましょう。
  5. コレステロールや飽和脂肪酸(動物性食品に多い)を多く含む食品を控え目にしましょう。
  6. 食物繊維を含む食品を摂りましょう。

高血圧の方へ!

  1.  血圧が高い方は、心臓病や脳卒中を起こさないように血圧の安定に努めましょう。
  2. 塩分を控え目にしましょう。
  3. みそ汁は、煮干・かつおぶしでしっかりとると風味が良くなり、お味噌を少なくしてもおいしく召し上がれます。
  4. 食物繊維を含む食品を摂りましょう。
  5. 肥満予防のため過食に注意しましょう。

コレステロールが高めの方へ!

  1. コレステロールはホルモンを作ったり、胆汁の材料になるなど体に必要なものですが、摂り過ぎると動脈硬化の原因になりますので注意しましょう。
  2. エネルギーの摂り過ぎに注意しましょう。
  3. 動物性脂肪より、動脈硬化を予防する植物性油脂を摂りましょう。
  4. コレステロールを多く含む食品は控え目にしましょう。
  5. 食物繊維を多く含む食品を摂りましょう。

貧血の方へ!

  1. 貧血は栄養素(鉄分、たんぱく質)の不足、病気などが原因で血液中のヘモグロビンが少なくなり、体の中へ酸素を運ぶ働きが悪くなる病気です。
  2. 規則正しい食生活を送りましょう。
  3. 鉄分・良質のたんぱく質を含む食品を摂りましょう。
  4. 新鮮な野菜・果物からビタミンCを摂りましょう。
  5. 緑茶などは、鉄分の吸収を妨げるタンニンを多く含むので飲み過ぎに注意しましょう。

ご購入まえに必ずお読みください!

  1. 商品・ご購入に関してご不意な点があれば、お気軽にご相談ください。
  2. ご相談内容についてはプライバシーポリシーを厳守いたします。
  3. 病気療養・加療中、在宅療養中、介護を要する方は、必ず『 医師、保健士、管理栄養士の指導
    のもと商品をご使用ください。
    尚、ご不明な方は必ず前もってご相談ください(メールにてお問い合わせください)。

安心安全の販売実績!

  1. 北海道にて病院・老人ホーム・他福祉施設様に販売実績多数。
  2. 全国病院用食材卸売業協同組合加盟。
  3. 厚生労働省農林水産省認可。

通信販売用のカタログも用意してあります!

  1. ご用命の方はご連絡ください(郵送いたします)。
  2. 電話及びFAXにてのご注文もたまわります。

PDFファイル 通販案内パンフレットダウンロード(4,781KB)

telfax